キャッシング申込みの流れ

お金

急な出費が発生したけれども、手元に十分なお金がなくてお困りの方はいませんか?

もしそのような悩みを抱えているのであれば、キャッシングサービスを利用してみてはいかがでしょうか。 最近のキャッシングサービスは非常にスピーディに手続きを進めてくれるので、急な出費への対応が可能です。 まずはキャッシング申込みの進め方を理解しましょう。

キャッシング申込みの際にはまず、申込みフォームを作成して提出します。 店頭でも良いですし、最近ではインターネットを使ってキャッシング申込みの手続きができるようになっている会社も多いです。 24時間申込み可能ですし、自宅から出ることなく借入の手続きできるところが魅力です。

申込みが受理されると、キャッシング会社の方で審査を実施します。 簡単に言ってしまうと、申し込みをした人に対してお金を貸してもきちんと返済してくれるかどうかを確認するための審査ということです。 キャッシング申込みの審査でポイントとなってくるのは、安定した収入があるかどうかです。 安定した収入がないと、貸したお金を返済するための資金を準備する当てがないということになってしまいます。

安定した収入があると判断されれば、融資される可能性は高まります。 最近の傾向として、パートタイマーやフリーターでも安定した収入があれば、積極的に融資している所は多いです。 無職でなければ、キャッシング審査でOKとなるチャンスはあると思ってもらっていいでしょう。

ただし、仕事をしていても、過去にキャッシングをしたことがあって、返済を巡ってトラブルを起こしたことのある人は借入の申込みをしても審査で落ちる可能性があります。 その他にも、キャッシングを他社でも利用していて、借入件数や借入額が多すぎると判断された場合にも審査に落とされてしまう恐れがあります。 他の返済が優先され、自分の所には返してくれないのではないかという懸念が発生するからです。

キャッシング申込み後の審査ですが、スピーディーに手続きを進められるようになっています。 キャッシング会社によって多少の違いはあるものの、申込みが受理されて30分くらい経過したところで電話もしくはメールで審査結果が通知されます。

即日融資を希望する場合は

もし、今すぐにでもお金を借りる必要のある場合には、自分の口座をキャッシング会社に指定します。 そうするとその口座に必要なお金を振り込んでくれます。

この即日融資に関しては、申込み時間に制約のあるケースがほとんどです。 いつまでに申込みをすれば即日融資の対応が可能なのか、ホームページなどを見て事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

大抵のお金に困っている方と言うのは、キャッシング申込みをしてからすぐにお金を借りたい場合が多い傾向にあります。 つまり緊急性が高いという事です。 ですので、すぐにでもお金が欲しいなら消費者金融を選ぶ際には即日融資に対応している所を選ぶ必要があります。 大手の消費者金融では大抵の場合、借入の申込みをした当日にお金を入手できますが、いつでもというわけではありません。 ほとんどのキャッシング会社では午後2時半までにキャッシング申込みを行う必要があります。 それ以降は、翌営業日以降の融資となります。 ただし、繁華街や郊外に設置されている自動契約機に出向いてキャッシング申込みをした場合には、午後9時ぐらいまではお金を借りる事ができます。

専業主婦であってもお金を借りる事ができる場合があります

専業主婦であってもお金を借りるためにキャッシングしたいというニーズは、当然のことながらあります。 どうしても所持金が足りなくて借金をしてでもお金を借りるという場面は、専業主婦であっても起こるからです。 主婦だと家計のやりくりをしなければなりませんが、想定外の支出が続くと次の旦那の給料日まで生活費が間に合わないということあります。 専業主婦の場合は、専業で家事をしているので、労働に対して毎月決まった所得を得ているわけではありません。 ですので、貸金業者でお金を借りる申し出をしても断られることがあります。

少なくとも貸金業者で主婦がお金を借りる為にキャッシングをするには、所得を得ている家族の許諾が必要で、その書面を用意した上でなければお金を借りることができません。 煩雑な手続きが必要となるので、何かもっと良い方法は無いものかと考えますよね。 銀行系のカードローンを使えば、専業主婦であっても家族の許諾なしにキャッシングは可能です。 大抵、銀行の受付スタッフは女性なので、お金を借りる時や借金返済などで女性目線で相談に乗ってもらう事ができます。 カードローンは専業主婦でも借りられるとはいっても審査があります。 パートタイマーや長期アルバイトでも良いので何らかの仕事をしていた方が、審査通過しやすくなります。

お金を借りるためにキャッシングの申し込みをすると審査の際に、在籍確認があり、仕事をしていると分かって貰えたなら、まず間違いなく融資を受けることができます。 在籍確認の際は、働いている会社に借金がバレルのではと思ってしまいますが、キャッシング会社の担当者は会社名を名乗ることはしません。 ですので、会社にお金を借りたことがバレルことはないので、仕事仲間にキャッシングに申し込んだ事実を知られることはありません。 お金を借りるのであれば、専業主婦であってもやはり返済のことをしっかり考える必要があります。 自分で仕事をしてそのお金を返済にあてるのか、それとも旦那に返済を立て替えてもらうのか、お金を借りる前にはっきりさせておきましょう。 [追記]

初めてのキャッシング申込み

私は自営業を営んでいるのですが、急に出張をしなければならなくなり、その旅費のためにどうしてもお金を借りる必要がありました。 ちょうど売上金が口座に振り込まれる前だったので、事業資金が底をついていたからです。 そのため、お金を借りるためにカードローンを利用することにしました。 今後の事を考えて、借入限度額は多めの額を希望しました。

そのためかは定かではありませんが、収入証明を送らなければなりませんでした。 私の場合は自営業なので、毎年確定申告をしています。 ですので、自分の年収を証明する書類として確定申告書の控えを送りました。 その後、貸付可能かの審査が始めるのですが、必要書類を送付してから1時間程度で審査OKの返事を頂けました。 ちなみに、私の場合は1年ぐらい利用した後に限度額の増額を希望したら簡単に増額が出来ました。 お金を借りるのと返済を繰り返して、実績が出来ていたためだと思います。

急ぎでお金を借りる必要があったので、初回は私の銀行口座への振込みキャシングを利用しました。 お金を借りる為のキャッシングの申し込みをしてからカードが届くまでには数日が掛かるので、カードを利用してお金を借りるのでは間に合わないからです。 カードはオレンジ系統の色が使われていた、明るいイメージがありました。 普段は利用しない様にと、家の簡易金庫にカードは仕舞っています。

キャッシング会社の会員用サイトにアクセスすれば、自分の借入残高や残りの借入可能額などが分かります。 パソコンやスマホからアクセス可能なので、簡単に自分の借入状況を確認することが出来ます。 私の場合は、銀行口座情報をキャッシング会社に教えるのが嫌だったので、お金の返済は、カードを使ってコンビニATMから行いました。 キャッシングカードがあると簡単にお金を借りることができてしまうので、金銭の管理ができない人はカードは作らない方が良いかもしれません。 [追記]

キャッシングしないに越したことはない

皆さんキャッシングはしたことありますか? もししたことがあっても、「はい、あります。」なんて大声ではいいにくい部類のものだと思います。

キャシングはすぐに現金が欲しいとき便利な仕組みですよね。 しかし本当に借りるとなれば、CMじゃないけど先を見据えた「絶対に完済できる」という確信が必要だと思います。 その確信は毎月のお給料によって自分が判断できると思います。

毎月のお給料から家賃や生活費や食費など必要な費用全部を差し引いたうえで、まだ余裕があると判断できるならキャシングに申しこんでもいいと思います。 それでも利息が大きくなる前に、なるべく早く返済したいものです。 キャッシングの依頼は、しないで済むに越したことはないと私は思っています。 [追記]

貸金の法改正

2年ぐらい前にキャッシングの法律が改正されて、施行されました。 主な改正内容は、年収の1/3までしか、お金は借りる事ができないという事です。

それと、今まで専業主婦の方でも給与のある配偶者の許可なくキャッシングできたのが改められて、専業主婦のキャッシングは給与のある配偶者の許可が必要となりました。 おそらく、主婦がキャッシングをして返済不能になった方が多かったのだと思います。

基本的に、お金の貸し借りは自己責任の範疇だと私は思うのですが、自己管理のできない方もいるので、法で規制をするのはありかなとも思います。 この法改正は、多重債務者を減らすのが目的です。 お金を借りるのが難しくなれば、借金をしづらくなるわけで、多重債務になる人も減るという事です。 貸金業者にとっても貸し倒れを防ぐことができるので、良い法改正だと思います。 [追記]

●大手なので安心してキャッシングできる金融会社
国内大手のローン・キャッシング会社
日本国内で貸金業を営んでいる中規模以上のキャッシング会社一覧です。

●銀行から融資をうけたいなら
琉球銀行
沖縄を拠点として、キャッシングやカードローンサービスを提供しています。